忍者ブログ

駐在マダムのリハビリ日記

日本生活再始動!禁断の果実を口にしたマダムが新しい視点で帰国後の日常をつぶやきます。

November 19,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 06:13

January 27,2013

● キナバタンガン川

bc6c8a0c.jpeg90ff2fc0.jpeg67c74e7a.jpegd056e65b.jpeg3add271f.jpegccecf27e.jpeg83776491.jpeg










キナバタンガン川沿いをボートに乗ってクルーズ。美しい花が咲く湖、象の水浴び場、オランウータンの吊り橋など野生の猿や鳥達の声が響き渡るジャングルをガイドに連れられゆっくりゆっくり進みながら見学してゆく。今回ボートに乗り合わせたのは我々家族の他に年配のドイツ人夫婦一組。リバークルーズに関しては2日間の運命共同体。ジャングルに来たからには「体験出来る事は全てやろう!」をモットーに活動を開始した我々。「朝と夜とでは活動する動物も昆虫も全然違い、ジャングルの表情の違いを是非体験して欲しい」というスタッフのお勧めもあったからなのだが、そんなこんなで朝夕のリバークルーズ、昼と夜のジャングルトレッキングにも参加したのである。しかしながら最終的には「どうしても野生の象が見たい。探しに行こう」と言う諦めの悪いドイツ人夫婦の誘いに乗って片道3時間半もかけて川の上流へそれこそ「予定外の」クルーズをしたのであるが、何を隠そうこれが一番「過酷」であったのは言うまでもない。「象の鳴き声がするっ!」って言ったってさぁ~ちょっと考えれば分かるだろうに…。さっき水浴びしていた場所に何時間も居る訳ないじゃんねぇ。トイレも無く雨が降り出し真っ暗の中ガソリンが切れるわ電球が壊れるわ…水も飲めず持っていたあめちゃんで飢えをしのぎメチャ寒い中月明かりを頼りにキャンプへ戻りかけたのに「あっち行ってみて」とか言わんで欲しいよ。まったく!キャンプに戻ってって来た時には暫く足が吊って立てませんでした。結局象には会えなかったけど、まぁこれもまた「ジャングルで遭難したら死ぬな」という教訓にはなりました。装備って大事よ~
 
PR

未選択

↑   by jisen at 17:42 | comments(0)

Comments

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/10 jisen]
[04/09 かささん]
[04/09 jisen]
[04/07 須美子]
[04/07 jisen]

最新記事

プロフィール

HN:
jisen
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim